こだわりの性能・工法STRUCTURE

強く優しく支えていく。

  • 床下結露を防ぐ基礎断熱工法。

    床断熱工法と基礎断熱工法の概念図
    床断熱工法と基礎断熱工法の概念図

    ウッディークラフトの家は、一般的な木造住宅の床断熱工法と異なる「基礎断熱工法」を採用しています。

    建物の外周に面した基礎立ち上がりに断熱材を張り、床下換気口を作らず密閉するので、外からの湿気を取り込みません。そのため床下結露や木材腐朽を防止することができます。さらに基礎と土間のコンクリートが室温や地熱の蓄熱層になるので、部屋の中の温度が安定化します。

    夏は外気温より低い地熱により床が冷たくなり、冬は蓄熱により床の冷たさが和らぐなど、省エネルギー効果を高めます。

  • 大空間や大開口ができる金物工法。

    金物工法概念図

    柱と梁と土台の接合部を、高い強度と精度のある金物でつなぎます。

    一般的な在来工法より圧倒的な構造強度を誇り、柱のない大空間や大開口を実現します。

  • 利点をミックスしたハイブリッド工法。

    ハイブリッド工法概念図

    在来工法の自由度の高さやツーバイフォー工法の強度など、従来の工法から様々な利点を組み合わせた「ハイブリッド工法」を採用しています。

    在来工法の特性である壁の配置に制約が少ない構造により、自由なプランニングが可能なので、大空間を作ったり、大きな窓を設けたりすることができます。さらに、ツーバイフォー工法の特性である壁で支える面構造を取り入れているので、耐震性・耐風性に優れています。

  • 外断熱と内断熱を合わせたW断熱。

    ダブル断熱工法概念図
    ダブル断熱工法概念図
    ダブル断熱工法構造概念図
    ダブル断熱工法構造概念図

    構造体全体を断熱材ですっぽりと覆う「外断熱」、柱や梁の間を断熱材で埋める「内断熱」、この両方を組み合わせた「W断熱」によって高い断熱性能を発揮します。

    内断熱だけでは断熱材を寸断する柱や梁などの構造材が熱の逃げ道(ヒートブリッジ)になりますが、外断熱が包んでいるので熱を逃がしません。また、外断熱は、室内と壁の中の温度差を小さくして結露を抑える効果もあります。カビの繁殖や材木を腐らせる菌の発生を抑制し、家の耐久性と快適性を高めます。

  • W断熱とペアガラスで高断熱性を実現。

    Low-E複層ガラス概念図
    Low-E複層ガラス概念図

    窓は室内と外気の熱の移動が最も起きやすいところ。建物全体の断熱性や気密性が高くても、開口部(窓)の性能が低いと熱が逃げてしまいます。
    そこで、断熱性の高いペアガラスを標準仕様にしました。

    優れた断熱性能をさらに発揮するLow-E複層ガラスやトリプルガラスもお選びいただけます。

  • 省令準耐火構造をクリア。

    ファイアーストップ工法概念図
    ファイアーストップ工法概念図

    省令準耐火構造は、建築基準法で定める準耐火構造に準ずる防火性能を持つ構造として、住宅金融支援機構が定める基準に適合する住宅をいいます。

    火災に強いことの証明であり、また、火災保険料のコストカットにもつながります。

PAGE TOP

  • 【株式会社ウッディークラフト】
    〒086-1073
    北海道標津郡中標津町東33条北1丁目2番地1
    フリーダイヤル0120-73-2695携帯電話からもご利用いただけます
  • 【ウッディークラフト釧路オフィス】
    〒084-0910
    釧路市昭和中央3丁目44-16
    フリーダイヤル0120-65-9214携帯電話からもご利用いただけます
  • 【ウッディークラフト北見オフィス】
    〒090-0810
    北見市ひかり野3丁目1番32
    フリーダイヤル0120-73-2695携帯電話からもご利用いただけます