ウッディークラフトの取り組みSDGs

sdgslogo

SDGs | エスディージーズとは?

SDGs(持続可能な開発目標)とは、2001年に策定されたMDGs(ミレニアム開発目標)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載のある国際目標です。2016年から2030年までの間に持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の誰一人として取り残さないこと(leave no one behind)を誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本でも積極的な取り組みが推奨されています。
㈱ウッディークラフトもSDGsの取り組みに賛同し、「ロングライフデザインの家づくり」や「家づくりの中でしかできない“体験”の提供」を通じて、持続可能な世界を目指していきたいと考えております。

  • 永く快適・安心に暮らせる住まい

    img01

    自然の力を上手に使うこと。

    ㈱ウッディークラフトの家には、自然を活用した様々な工夫がなされており、例として、日差しをたっぷりと取り入れるよう設計し、床には蓄熱性が高い無垢材を敷いた住宅などがあります。自然の力を活かした住宅は、環境に優しく、ランニングコストの軽減など、快適・豊かな暮らしの確かな一助となるものです。

    床下結露を防ぐ基礎断熱工法。

    ㈱ウッディークラフトでは、一般的な木造住宅の床断熱工法とは異なる「基礎断熱工法」を採用しています。建物の外周に面した基礎立ち上がりに断熱材を張り、床下換気口を設けないことで密閉湿気を取り込まない工法は、床下結露や木材腐朽の防止に繋がります。さらには、基礎と土間のコンクリートは蓄熱層となるため、夏場は外気温よりも低い地熱によって床が冷え、冬場は蓄熱によって床の冷たさが和らぎ、省エネルギー効果の高い住宅となります。

    利点をミックスしたハイブリッド工法。

    従来の工法(在来工法の自由度の高さや、ツーバイフォー工法の強度)の利点を組み合わせた「ハイブリッド工法」を採用しています。在来工法の特性(壁の配置に制約が少ない構造)により、プランニングの自由度が高まります。加えて、ツーバイフォー工法の特性(壁で支える面構造)を取り入れており、耐震性・耐風性にも優れています。

    省エネ性能を最大限に高めた住まい。

    ㈱ウッディークラフトの提案する「ソラナプロジェクト」は、省エネ性能を最大限に高め、ランニングコストを可能な限り抑えた住まいです。追及したのは家の性能だけではありません。家を建てた後も、お施主様が楽しく過ごしていただくことを一番に考えた家づくりを目指しています。

  • 学びと体験を通じた家づくり

    img02

    家づくりについて、実際に見て・聞いて・体験できる場を設け、より自分たちらしい暮らしを見つけて頂くイベントを開催し、「家づくりを検討するにあたり、自分なりに情報を集めてはいるけれど、どうすれば理想の家を実現できるのか分からない…」「家を建てた後、豊かな暮らしをしたいけれど、どんなライフスタイルになるのだろうか…」などの疑問・想いに応えています。
    また、地域に根ざした工務店として、「家づくり」が様々な学びと体験の場となるイベントも開催し、家を作る仕事・地域にある材料の加工などの体験を通じた子どもたちの学び・地域の活性化にも寄与しています。

    社会貢献・地域貢献

    ㈱ウッディークラフトでは、社会貢献・地域貢献の取り組みとして、建築資材の端材を活用したプランターカバー・写真立て・コースターを制作し、地域の幼稚園などに寄贈しています。また、養護学校より要請を受け、生徒さんの職場体験学習の受け入れなども行っています。

    ウッディークラフトの社会貢献・地域貢献
  • 技術の継承と大工育成

    img03

    貴重な資源である木を大切に活用

    山林や河川などの開発・保全には、自然環境との調和が大切。
    木材を用いる工法は、美しい景観を創出し、温暖化防止や省エネルギーに貢献します。
    ㈱ウッディークラフトは2つの自社工場を運営しており、「家具・建具工場」では、高品質な道産材をメインに仕入れ・管理、柱・梁材、フローリング材、造作家具などに加工し、「土木資材製材工場」では、深浸潤特殊・圧縮処理木材「O&Dウッド」を製造しています。
    主に森林整備の過程で発生する間伐材を利用し、O&Dウッドを製造しているため、従来なら適していなかった木材利用分野への使用も可能となりました。
    資源の有効活用、森林そのものの活性化はもとより、林産業の発展にも寄与しています。

    やりがいを感じる 職人ならではの手仕事

    私たちの業務は、画一的なプレカットではなく、1棟1棟に寄り添う手仕事が中心。職人それぞれが木の個性を見抜く能力を持ち、木の加工・木材の施工を行うことが大切です。そのため、ウッディークラフトでは若年雇用・社内教育を積極的に実施し、専門的な加工・施工技術を、熟練した職人から次世代へ引き継ぐことに力を注いでいます。

    ウッディークラフトの自社工場と大工
  • 人と環境にやさしい素材選び

    img04

    日本は国土の7割が森林でありながら、日本国内の木材の多くを輸入に頼っているという現状があります。そこで、㈱ウッディークラフトは国産材を用いて住宅を建て、国土を守るよう努めています。国産材を使うことは、資源の有効活用、地域林業・木材産業の活性化、間伐・植林を行うことによる森林の保護に繋がる重要な活動です。

    道産材にこだわっています

    ㈱ウッディークラフトでは、自社工場の木材圧縮加工機と防腐注入釜を用い、道産材を使用した高品質な「O&Dウッド」を製造しています。
    道産木材に圧縮加工を施し、加圧注入処理による薬剤の均一な深浸潤を得ることにより、通常では不可能だった高い耐久性・品質を満たした深浸潤特殊・圧縮処理木材を実現。道産木材に新たな付加価値を与え、住宅問わず、多用途な土木資材利用の可能性を提案しています。

  • 地域の暮らしを支える
    「アフターサポート」

    kawamura

    日本の住宅は、家族構成の変動や暮らしの変化に対応しきれず、寿命を迎える前に取り壊されてしまうケースが数多くあります。きちんとしたメンテナンスが行われず、健全に維持されない住宅を減らすために、㈱ウッディークラフトは、住宅の管理能力の強化、その知識の普及に取り組んでいます。
    「永く住み続けられる家づくり」として、弊社では自然素材を活かした家づくりを提案しておりますが、身体や環境に優しい反面、お手入れの手間が増えるという課題があります。そのため、時が経つほどに味わい深くなる質感・色合いを楽しみながら永く暮らしていただけるよう、定期点検やメンテナンスを自社で実施し、次の世代も住み継ぐためのサポ―トをさせていただいております。

    ウッディークラフトのアフターメンテナンス
  • 人にも環境にもやさしい掃除用品

    ㈱ウッディークラフトは、掃除用品の世界的ブランド「ENJO(エンヨー)」の取り組みに賛同し、同ブランド(日本ENJO株式会社)の掃除商品を導入しています。
    ENJOは、1990年にヨハネス・エングル社長とファイバーテクノロジーを考え出した父親により、「有害な化学薬品や洗剤の使用を最小限にし、水質及び土壌汚染の減少に貢献すること」を目標にオーストリアで創設されました。
    現在、ENJOは世界的なブランドとして確立され、26カ国以上の人々に愛されています。

    img05

    健康的で安全な素材

    超極細の特殊なファイバー(ENJOファイバー)が細かな隙間に入り込み、汚れをかき出し、粒子を浮かび上がらせます。
    浮き上がった汚れは、水を介してファイバー内に捕らえられるため、洗剤を使わなくても汚れやバクテリアを取り除くことができます。(ENJO自社調べ)ご家庭内のお掃除で使用する有害な洗剤や化学薬品を約90%削減しているため、小さなお子様が居るご家庭でも、安心してお使いいただけます。

    持続可能な消費と生産

    ENJOファイバーは耐久性が高く、洗って汚れを落とすことで、繰り返し使用できます。
    加えて、同社では「自然環境保護」の観点から、長く使用して古びたENJOファイバーのリサイクル(おもに、住宅用断熱材やカーシートの充填剤などへの再利用)を可能にし、なるべくゴミを増やさないための処理も行われています。

    海洋資源の保全

    ENJOファイバーと水だけでのお掃除を可能にし、有害な化学薬品や洗剤の使用を抑え、海洋の水質改善および土壌汚染の減少に貢献しています。
    お掃除後のお手入れの際も、すすぎの回数が少なくて済むため、節水に繋がります。

  • メディア掲載

    • 釧路新聞 第25476号

      2020年7月22日水曜日掲載

      SDGs取り組み発信 ウッディークラフト
      自社HPに専用ページ

      【中標津】注文住宅などを手掛ける建築業のウッディークラフト(町東33北1、加藤孝則社長)は、国連で採択された2030年までの持続可能な開発目標(SDGs)に積極的に取り組むため、自社ホームページ(HP)に専用ページを開設した。

      加藤社長(49)は「自然に価値を付けていきたい。SDGsを実践することで地域に役立てる組織と社員づくりに努めたい」と話している。

      専用ページは6月中旬に整備した。木を使った明るい住居空間の創出といった実務をSDGsの17ゴールのアイコンで紹介している。例えば「人と環境にやさしい素材選び」の説明ではSDGsの3、11、13、15の各ゴールとひもづけて、自然の産物である木材への敬意と環境保全の大切さを示している。

      同社は1996年に創業し釧路と北見に支店がある。現在社員は34人で3分の1が女性、建物や家具の職人は9人いる。平均年齢は30台と比較的に若いため、業務とは別に六つの委員会を設け、社員が自ら地域とつながり、考えるようにしている。

      加藤社長は「建築業は地域の人が集まり人を束ねる重要な仕事。その理念を大切にしたい」と話している。

PAGE TOP

  • 【株式会社ウッディークラフト】
    〒086-1073
    北海道標津郡中標津町東33条北1丁目2番地1MAP
    フリーダイヤル0120-73-2695携帯電話からもご利用いただけます
  • 【ウッディークラフト釧路オフィス】
    〒084-0910
    釧路市昭和中央3丁目44-16MAP
    フリーダイヤル0120-65-9214携帯電話からもご利用いただけます
  • 【ウッディークラフト北見オフィス】
    090-0070
    北見市美山町西4丁目49-112 プルミエブラン1FMAP
    フリーダイヤル0120-57-6167携帯電話からもご利用いただけます